※この記事は2018年9月に更新しています。

WiMAXを利用する際には、販売されている沢山の端末の中から購入する端末を決めなければなりません。一体どんな基準で端末を選べば良いのか分からない…そんな方に向けて、おすすめの端末機種をご紹介した上で特徴を説明し、それぞれの使い方別に選ぶべき端末を解説していきます。

【関連記事】WiMAXで機種変更をしたいときの注意点と条件

2018年おすすめのWiMAX端末3選

2018年におすすめのWiMAX端末として、多くの候補の中から3機種を取り上げます。それぞれ優れた機種ではありますが、細かな部分で特徴が異なっています。自分の好みに合う端末を見つけて、WiMAXのある生活を思い切り楽しんでみて下さい。

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05の写真

高速通信を重視する方におすすめのWiMAX端末です。受信最大758Mbpsは最速クラスであり、シャープなデザイン性も人気の秘密になっています。これまでに使っていたSSIDなどの接続情報を引き継げるので、再設定をせずスムーズに利用できることもポイントです。

【関連記事】Speed Wi-Fi NEXT W05のスペックと口コミレビュー

Speed Wi-Fi NEXT WX04

wx04の画像

人気のWXシリーズの中で初めて4G LTE通信に対応した機種です。使い終わった後には4G LTE通信を自動的に解除するワンタイム機能を実装しているので、無駄な通信制限を回避することができます。電波の向きを修正するビームフォーミング機能も搭載しているため、通信の安定性を求める方に人気です。

【関連記事】Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペックと口コミレビュー

Speed Wi-Fi HOME L01/L01s

L01の画像

筒形の端末であるため持ち歩きには不向きですが、自宅でWiMAXを使いたいという方におすすめです。USBポートが本体に付いているので、スマホの充電にも利用できます。最大で42台の同時接続が可能であり、下り最大速度は440Mbpsを記録するなど、ハイスペックな端末です。

【参考リンク】Speed Wi-Fi HOME L01/L01s|UQWiMAX

W05より最新の端末機種はいつ発売される予定?

W05の後継端末の販売時期は現段階で未定ですが、2018年の秋頃~冬までに販売されるのではないかという見方が一般的です。新機能としては通信速度の上昇やバッテリーの性能向上が見込まれていますが、あくまでも噂に過ぎず、どの時期のどんな端末が販売されるかは不明です。

WiMAX端末の選び方!利用目的によって最適な機種を選ぼう

続いてWiMAX端末の効率の良い選び方について解説していきます。端末選びの基本は、利用目的に応じて最適な機種を探すということ。まずは自分自身がどのような場所でWiMAXを利用する機会が多いのかを整理し、その後に必要な機能を備えた端末を探すことが効率的です。

家の中だけで使うならホームルータータイプ

自宅の中だけでWiMAXを利用するという場合には、ホームルータータイプがおすすめです。ホームルーターの特徴は電波が強いという点にあり、送信・受信ともに強力なパワーを発揮します。リビングに設置しておくだけで、家中の至る所で高速通信を楽しむことができます。

主に外で使うならバッテリー性能も重要

外出先でWiMAXを利用する機会が多い場合には、バッテリーの持ちが良い機種を選択しましょう。新しい端末ほどバッテリー性能が向上することが多いため、新機種に注目することもおすすめです。また、古くなった端末はバッテリーが劣化するため、2~3年使用したら新しい端末に買い替えることもおすすめします。

端末名 連続通信時間
Speed Wi-Fi NEXT W05 約9時間
Speed Wi-Fi NEXT WX04 約13時間
Speed Wi-Fi NEXT W04 約10時間

電波出力アップ!クレードルとは

クレードルの写真

ホームルーター以外の端末は電波の強度が低下してしまいます。それを矯正する役目を果たすのがクレードルであり、クレードルを使用するだけで室内における通信性能をアップさせられます。電波出力が上がれば通信が途切れることが少なくなり、安定した高速通信が可能になるのです。

まとめ

WiMAXでおすすめの端末を3種類ご紹介しました。まずはそれぞれの機種の特徴を理解した上で、自分自身がどういったシチュエーションでWiMAXを利用することが多いのかを考えましょう。また、電波の強度を高める補佐的な役割を求めるのであれば、クレードルの併用もおすすめします。

【関連記事】
WIMAXおすすめ3選!これを選べば間違いなし