WiMAXはデータ容量無制限の「ギガ放題」プランであっても、3日で10GB使うと速度制限がかかります。

ギガ放題プランの場合は、速度制限がかかった後の通信速度は「最大1Mbps」になります。月7GBまでの制限ありのプランの場合は、速度制限後の通信速度は「最大128Kbps」までとなります。

速度制限がかかる時間帯は、基本的に翌日の「18時頃~翌2時頃」までです。例えば、月曜日から水曜日の3日間で「15GB」データ容量を使用した場合、翌日木曜日の「18時頃~翌2時頃」まで速度制限がかかることになります。

速度制限の詳細

ギガ放題プランであれば速度制限がかかってもあまり気にならない

私もWiMAXのギガ放題プランを契約していますが、速度制限がかかってもYouTubeの動画などは普通に見れます。ただ、huluなどで映画を見るとなると、読み込み中が多くなり結構ストレスを感じるレベルです。

ギガ放題プランであれば、速度制限がかかってもWEB閲覧・軽い動画視聴ぐらいは問題ない。7GBまでの通信制限ありのプランだと、速度制限がかかってしまうと使い物にならない。と考えておきましょう。

速度制限がかかった後のスピードを検証している動画がありましたので、こちらも参考になると思います。

WiMAXはプラン毎の速度制限の詳細

WiMAXの速度制限は、契約しているプランによって異なります。現在、WiMAXの通信量に関する契約は、各社とも「ギガ放題プラン」と、そうではない「制限ありプラン」があるので、それぞれの場合を見ていきましょう。

「ギガ放題プラン」の場合の速度制限

「ギガ放題プラン」はその名前の通り、ほとんど速度制限がかからないプランです。利用料金は「制限ありプラン」より少々高くなりますが、よくネットを利用する人はこちらで契約しておいた方がいいでしょう。

このプランでは、3日間の合計で10GB以上の通信量があると、その10GBを超えた日の翌日の概ね午後6時~翌々日の2時の時間帯の通信速度が最高でも1Mbpsまで制限されてしまいます。

WiMAXの実際の通信速度は、利用環境にも依りますが、アンテナマークが4本出ている状態でおよそ40~50Mbpsは出ると考えていいでしょう。これが1Mbpsまで制限されてしまいます。

ただ、この状態でもYouTubeの動画をSDサイズの標準画質で充分に再生できるスピードはあるので、そこまでの心配は要りません。制限時間も約8時間だけなので、この間だけ通信量の多いオンラインゲームや、大きなファイルのダウンロードを避ければ実質的な制限はほとんどないと考えていいでしょう。

【関連記事】WiMAXの「ギガ放題」プランの特徴とおすすめする理由

「制限ありプラン」の場合の速度制限

「制限ありプラン」は「7GB通常プラン」のことで、1ヶ月間に7GBを超える通信量があると、その時点から月末まで最高128Kbpsまで通信速度を抑えられてしまいます。

128Kbpsとは、1Mbpsの約1/8の速度です。ここまで制限されてしまうと、さすがにかなり遅くなってしまい、YouTubeの動画もまともに閲覧できなくなってしまいます。

制限期間も月末までと、制限された日付によってはかなり長くなることもあるので、これらのプランでWiMAXを利用している場合は特に大きなファイルのダウンロードには気を付けて利用してください。

尚、この通信量はau 4G LTEとして利用した分も合わせて計算されます。「ギガ放題プラン」の場合でも同様です。

WiMAXの速度制限に関するQ&A

WiMAXの速度制限についてよくある質問と、それに対する回答をいくつか挙げていきます。

速度制限がかかったら速度はどのくらいになる?

速度自体は上でも書いたように、「ギガ放題プラン」では最高1Mbps、「制限ありプラン」(「7GB通常プラン」)では最高128Kbpsまで落ちてしまいます。

1Mbpsならそれほど問題にはならない速度ですが、128Kbpsは非常に遅い通信速度の為、制限のあるプランで契約している場合には、特に月の最初のうちにこの制限にかからないように注意してください。

10GBってどれくらい使える?

ネットの閲覧だけなら、10GBを3日間で使い切ってしまうことはまずありません。

ですが、huluなどの動画配信サービスで映画を視聴したり、YouTubeで動画を視聴したりすると、結構すぐに10GB使ってしまいます

YouTubeの超高画質な動画を5分見た場合、データ量は約113MB程度かかります。この程度の動画を約7時間見ると約10GBに到達します。

データ量をどれくらい使ってるか確認する方法は?

これは、WiMAXの端末からデータ通信カウンターを確認すればすぐに分かります。このカウンターは累積表示になっており、1ヶ月、3日間の2つから表示を選択できます。

「ギガ放題プラン」を契約している場合は3日間、「制限ありプラン」なら1ヶ月にしておくと、速度制限がかかってしまうまであとどれくらい使えるのかがすぐに分かります。

WiMAXの速度制限の歴史。2017年2月2日から新ルールが適用された

WiMAXはどのキャリアと契約しても、通信速度に関しては同じルールが適用されています。そのルールはこれまでにも何度か見直されてきましたが、最新の変更では2017年2月2日から「ギガ放題プラン」に間してのルールが以下のようになりました。

・直近3日間で「3GB」で速度制限→直近3日間で「10GB」で速度制限

・制限は翌日の概ね午後1時~翌々日の午後1時まで(約24時間)→翌日の概ね午後6時~翌々日の2時(約8時間)

このように速度制限がかなり緩和されたことで、一層「ギガ放題プラン」が使いやすくなったのは間違いありません。

まとめ

WiMAXは通信量によって速度制限をかけられてしまうことがありますが、現在では「ギガ放題プラン」なら実質的にほとんど気にならない程度だと考えて構いません。

逆に、制限のあるプランではWiMAXの端末でそれをきちんと確認しながら使うことで、できるだけ制限をかけられないようにうまく使うことができるでしょう。