WiMAXを解約する際に多額の違約金がかかってしまった…そんな噂を聞いたことはありませんか?実はWiMAXは解約するタイミングによって数万円単位の違約金を請求されることが普通です。では、どうすれば違約金を支払わず、お得に解約することができるのでしょうか?この記事ではプロバイダごとの契約条件を交えながら、初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。

WiMAXの基本的な解約方法

まずはWiMAXの解約方法の基本を整理しましょう。第一に、解約を申し出るのは契約者本人とすることが原則であり、家族や友人などが代理で手続きをしようとしても拒否されてしまう可能性があります。一度解約を申し込んでしまうと、その後に取り消しを願い出ることは出来ません。また、2年契約などを結んでいる場合、契約期間内に解約すると違約金を請求されることになります。

各WiMAX業者の解約方法

UQ WiMAX

UQ WiMAXを解約する場合には、UQお客様センターに電話をかけて解約の申し出を行うことが求められています。営業時間は年中無休の9時~21時までとなっており、この時間帯に電話をかけてオペレーターに契約者氏名・電話番号・暗証番号などを伝えて解約を告げましょう。電話での連絡が基本となっていますが、耳が不自由な場合など特殊な事情があればメールでの解約も可能とされています。

Broad WiMAX

Broadサポートセンターに解約専用ダイヤルが用意されているため、そちらに電話をかけるとスムーズに解約手続きを進めることが可能です。契約者氏名などの個人情報を伝えて解約の手順を取るという流れになります。25日までに電話連絡を入れると当月扱いでの解約になりますが、26日以降の解約申し込みは翌月の解約扱いとなるため、契約期間を確認した上で時間に余裕を持って連絡を入れましょう。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXでも、電話でオペレーターに解約の希望を伝えることが必要です。固定電話や携帯電話からは通話料無料のフリーダイヤルを利用できますが、IP電話から解約を申し込む場合には別途通話料が必要です。年中無休の9時~18時まで受け付けを行っていますが、月末などには回線が混み合う可能性があるため要注意です。また、当日受け付けを希望する場合には16時30分までの連絡が求められています。

WiMAXを解約する際の注意点

更新月を確認する

2年契約や4年契約を結んでいる場合、更新月以外に解約をすると高額な違約金が請求されます。そのためまずは更新月を確認し、違約金0円で解約できるタイミングで解約を申し込みましょう。例えば2年契約を結んでいる場合には、1~24ヶ月目までに解約を申し込むと違約金が発生しますが、25ヶ月目に解約を申し込めば、契約満了となり違約金が請求されません。

解約申し込み締め切り日を確認する

解約申し込みの締め切り日は、プロバイダによって異なっています。例えばUQコミュニケーションズでは、電話連絡をした当日に解約が可能ですが、Broad WiMAXの場合には毎月25日までに解約の申請をしなければ当月中の解約ができません。仮に26日以降に解約を申し込んだ場合には翌月扱いの解約になり、違約金が発生してしまいます。締め切り日をしっかり確認し、余裕を持って解約を申し込みましょう。

違約金は契約期間によって変わるので注意

WiMAXの違約金は、契約期間と解約日に応じて変化します。例えば2年契約を例にとると、1~12ヶ月目という短期間で解約する場合の違約金は19,000円ですが、13~24ヶ月目では14,000円に減額されます。25ヶ月目の解約は無料ですが、26~48ヶ月目には9,500円の違約金が発生します。解約という結果は同じでも、タイミングを誤らなければお金を節約することが出来ます。

【関連記事】WIMAXの違約金は高い!7業者の違約金を比較してみた

WiMAXをお得に解約する方法!違約金負担キャンペーンを活用する

契約期間内にWiMAXを解約し、他社に移行したいという場合には、Broad WiMAXが行っている違約金負担キャンペーンの活用をおすすめします。このキャンペーンではその名の通り、他社で発生する違約金をBroad WiMAX側で負担してもらうことが出来ます。金銭的な痛みを伴わずにBroad WiMAXに移籍できるお得なサービスなので、ぜひ積極的に活用してみて下さい。

【関連記事】WiMAXでお得に乗り換えるなら違約金負担キャンペーンを活用!

まとめ

WiMAXを解約する際には、タイミングに応じて違約金が請求されることがあります。違約金の金額は契約期間によって変わることがありますから、まずは契約日時を確認してお得に解約できる月を調べましょう。また、事務手続きの締め切り日時はプロバイダによって異なります。違約金をかけずに解約するためには、各社の締め切り日を確認し、時間に余裕を持って解約の申し込みを電話で行って下さい。