最安級のデータSIMを知りたい…という方は多いのではないでしょうか。さまざまなデータSIMがある中で、どのような種類があるのかなど、知らない方も多いのではないでしょうか。そこで最安のSIMについてみていきましょう。

最安級のデータSIM5選

通信速度は遅くてもとにかく安いものがいいと考えている方は多いのではないでしょうか。そこで安さにこだわった5選をご紹介します。

ロケットモバイル

業界最安級で利用できるプランがありますので、まさにデータSIMの中でも神といわれています。こちらのサービスは、株式会社エコノミカルが運営しているサービスです。こちらのプランは、月額298円からという格安の神プランがおすすめです。その他にも、指定アプリのダウンロード、指定のサービスへの会員登録でポイントを貯めることが出来て、それを月額料金の支払いに充てることもできます。

DMMモバイル

DMMモバイルの格安のデータSIMサービスも業界最安値になっていて、とても安くで利用できるのが特徴です。全プランでも最も安い価格を実現することを目指しているということで、今後のプランにも期待が高まっています。低速通信でも少しだけ高速通信になるプランが特徴的です。

イオンモバイル

イオンモバイルの格安データSIMは、少ない容量から大容量までを選ぶことができるさまざまな幅広いプランというのが大きな特徴です。
イオンのサービスということもあり、全国のイオンにおいて、サービスを受けられるのが特徴です。店舗でもネットでも申し込みをすることができて、少ない量までを選べるので、安くで利用できます。

LINEモバイル

こちらの格安データSIMである、LINEモバイルはLINEとの相性が非常に良いのが特徴です。
コミュニケーションアプリの通信量がカウントフリーになるというのが大きなメリットです。
月額500円から利用することができて、安い価格なのも魅力的です。

楽天モバイル

楽天モバイルはデータSIMの中でも、とにかくプランが豊富で、楽天スーパーモバイルポイントなどが貰えるというのが大きなメリットです。ベーシックなプランは、525円からの値段になっています。

最安でもデータSIMを充分に活用する方法

オプションでデメリットをカバーする

最安のデータSIMの場合、最安だからこそ通信速度や容量などのデメリットがあります。その場合、オプションでデメリットをカバーするようにしましょう。たとえば、オプションには、「フリーWi-Fiスポット」が使えるオプションだったり、通話定額オプションなどに入ると、通話料が定額になります。

自分のスマホをそのまま活用する

キャリアを変えるタイミングで機種を変える方も多いですが、そうすると端末料金がかかってきてしまいます。このため、今のスマホをそのまま使うこともおすすめです。
そうすることによって、新しい機種を買うお金、分割で払う料金を節約することができるので、おすすめです。

電話などはアプリを活用する

最安値の場合、通話料金が気になるところです。このため、通話料金気になる場合、電話などはアプリを活用しましょう。たとえば、LINEをそのまま使ってトークするのもよいですし、便利な通話アプリをダウンロードしてそちらからかけるようにしましょう。

まとめ

最安のデータSIMは月額数百円からと非常に安いものがあり、プランもいろいろ揃っているので、自分に合ったものを選ぶことができます。しかし、快適に使えない場合もあり、通話料などの料金が上がってしまうという可能性もあります。このため、通話アプリなどを使ったり、携帯電話はそのままのものを使うようにして節約をするようにしましょう。