熱帯ビーチ歴史を感じる王宮や古代遺跡、観光スポットが多々あるタイ王国は、比較的WiFiが繋がりやすく、インターネット環境が整っている国となっています。

ただ、日本国内と同じ感覚で考えていると不便を感じるかたも多いため、快適に過ごせるように、訪れる際には忘れずにWiFiレンタルを利用したいところです。

タイで使えるWiFiレンタル業者5選

タイで利用できるWiFiは、基本的に電波があまり強くないことを考慮しておくことが大切になります。遅くても問題ないという場合には必要ないでしょうが、快適性と安全性を考えると信用できる会社が提供していて、なおかつ速度も申し分ないWiFiレンタルの利用が安心です。

グローバルWiFi

グローバルWiFiの画像

出国時と帰国時に、国内の空港カウンターでの端末やり取りが可能となっています。タイでは3Gの他にも4G+LTEにも対応していますので、旅先でもストレスなくインターネットを活用していきたいのであれば選んでおきたいプランです。

プランごとに日に250Mから1Gの利用上限があるものの、パケット定額制なので使用料金の不安はありません。

グローバルWiFiの公式サイトはこちら

Wi-Ho!

Wi-Hoの画像

1日300円前後からという安い価格設定が魅力です。Wi-Ho!では現地の通信会社が回線を準備しており、タイ専用の繋がりやすいWiFiルーターを使えることも特徴となっています。

タイだけではなく他の東南アジア地域も巡る予定があれば、タイ国内専用のもの以外にもアジア周遊ルーターも選ぶことが可能です。

Wi-Ho!の公式サイトはこちら

イモトのWiFi

イモトのWiFiの画像

名前でもわかるように、テレビでもお馴染みの人気タレントが公式キャラになっているWiFiです。

紛失盗難保障がついたあんしんパックが安価で提供されています。さらに充電時のコンセントの不一致を解消電源タップ、タイを旅行する際に車を利用するというかたに支持されているシガーソケットプラグなど、よりWiFiレンタルを快適に利用できるオプションが揃えられています。

イモトのWiFiの公式サイトはこちら

タイデータ

高速4G回線が1日590円で無制限で使えるという、非常にコストパフォーマンスのいいWiFiルーターです。さらに端末を受け取る際には宅配、空港での受け渡し、どちらも手数料が無料となっています。

1日中容量を気にせずに利用していきたいという場合には、100円をプラスして予備バッテリーのオプションをつけてもかなりリーズナブルです。

タイデータの公式サイトはこちら

アジアンデータ

1日500MB、連続使用時間14時間という長時間に耐えられるタフさが売りで、旅行中になるべく回線を繋げっぱなしにしてリアルタイムで情報を更新、チェックしたいというかたには最適です。

レンタル希望日の1ヵ月以上前からの申し込みで10%の早割にも対応していますので、安く利用したいかたは早めに検討することをおすすめします。

アジアンデータの公式サイトはこちら

タイのWiFi事情など

WiFiレンタルを利用せずに、現地のフリーWiFiで済ませたいと考えているかたもいるでしょう。幸い、タイでは各施設ごとにフリーWiFiを利用できる環境が整えられていますので、準備をしないければインターネットから遠ざかってしまうという事態にはなりません。

フリーWiFiは拡大中!Free Public WiFiとは

タイ政府でもフリーWiFiの公共施設への設置を進めてきており、タイの全土で駅などに数多くのアクセスポイントがあります。

それが「Free Public WiFi」です。ただ、利用時には名前やメアド、パスポートの情報といった個人情報の入力が必要であることから、やはり使用を躊躇してしまうかたも多いでしょう。

とりあえず繋げられてメールをチェックできれば問題ないというかた、情報提供に抵抗がないかたであれば便利に活用できます。

Free Public Wi-Fiを使うためには、アカウントIDを作成する必要があります。

「ICT_FREE_WiFi」というネットワークを探し、表示される登録画面に必要項目(名前、パスポート番号、住所、電話番号、メールアドレス)を記入します。登録後に発行されるユーザーIDとパスワードをログイン画面に入力すれば、インターネットが使えます。

一度登録したIDとパスワードは6カ月間有効で、一回あたりの使用可能時間は2時間です。ただし、2時間経過後でも再びIDとパスワードを入力すれば、すぐにまたつながります。なお、接続速度はそれほど速くはありません。

タイでおすすめのフリーWiFiスポット

タイではホテルやレストランやカフェといった、国外からの観光客が多く立ち寄るスポットのフリーWiFiが比較的利用しやすくなっています。

他にも世界規模でチェーン展開しているファストフード店などでもWiFi環境が整っていますから、市街地で日本国内でも馴染みのあるお店を見つけたら立ち寄ってみることをおすすめします。

現地でポケットWiFiをレンタルすることはできる?

WiFiレンタルの必要性を感じているかたであれば、国内にいる時にレンタル手続きを済ませているでしょうが、現地についてから不便を感じた場合に新規契約を行うことが可能です。空港の構内で各種WiFiレンタル会社の窓口がありますし、手続きは当日中に完了させることができます。

さらに嬉しいことに、日本国内で契約をするよりも安く済ませることができるというメリットもありますので、旅行に慣れているかたはあえて現地でWiFiレンタルをするというケースも少なくありません。

まとめ

スピーディーにネットに繋がる状態がデフォになっていると、海外では速度の違いに不満を感じてしまいがちです。タイでは現地で利用できるフリーWiFiスポットも多々ありますが、ストレスフリーなWiFi環境を求めているのであれば、WiFiレンタルを利用するのが賢明でしょう。

自身のネットの使用頻度を考慮した上で、積極的に検討していってください。