国内で利用できるポケットwifiレンタル会社は様々ですが、各社にはどのような違いや特徴があるのでしょうか。どの会社も同じサービス内容ではないかと思われがちですが、実はwifiの使用環境に応じても各会社で適性が異なります。会社選びで失敗しないために、ぜひこの記事を参考にして自分に合ったレンタル会社を探してみて下さい。

ポケットwifiおすすめのレンタル業者13選(国内)

SoftBank PocketWifi

SoftBank PocketWifiは、大手通信業者ソフトバンクによるポケットwifiです。先進的な技術の活用により、ダウンロード速度が非常に速いことが特徴で、容量が大きい動画を視聴する際にもスムーズでストレスが溜まりません。ソフトバンク契約者は、スマホで使用しているデータ量をシェアできるので、更にお得に利用できることもポイントになります。

SoftBank PocketWifiの公式サイトはこちら

SPACE Wi-Fi

SPACE Wi-Fiは、元々は民泊用のwifiとして登場しており、3日間で10GBという大容量通信に対応しているレンタル業者です。契約時の手数料がかからず、解約時にも違約金を請求されないという点が最大の売りになっており、気軽に契約を結ぶことが出来るため、長期間に渡って契約するつもりは無いという方にもおすすめできる会社の一つです。

SPACE Wi-Fiの公式サイトはこちら

Wi-Fiレンタルどっとこむ

Wi-Fiレンタルどっとこむは、日本国内のみならず、世界50ヵ国での通信に対応する機器をレンタルしている会社です。プランが豊富に用意されており、最短1日単位でレンタルを受けることができ、13時までに申し込みを行えば当日中の発送にも対応しています。もちろん工事の必要も無く到着次第すぐに利用できますから、急に引越しが決まった方などにもおすすめです。

Wi-Fiレンタルどっとこむの公式サイトはこちら

グローバルモバイル

グローバルモバイルは他社と比較して若干割高な料金設定になっていますが、その見返りとして通信料が無制限という非常に大きなメリットを持っています。通信制限が設けられずに好きなだけネット通信を楽しむことができるので、ストリーミング形式の動画を見る機会が多い方や、大容量ファイルをダウンロードしたいという方にも最適です。

グローバルモバイルの公式サイトはこちら

treモバイルレンタル

treモバイルレンタルは、代金引換に対応している唯一のポケットwifiレンタル業者で、クレジットカードを持っていなくても契約を結べます。各社の人気端末を取り揃えてレンタルに応じており、業界最安値水準で貸し出ししている端末もあります。配送方法としてバイク便を選択することも可能なので、今すぐにでも届けて欲しいというリクエストにも対応しています。

treモバイルレンタルの公式サイトはこちら

どこでもネット

どこでもネットは、徹底した人件費削減により低価格化を実現している会社です。軽量型、長時間稼働型、無制限型など様々なタイプの機器をレンタルしており、10台以上に同時接続できる機器も多数取り揃えています。オンライン見積もりに対応しているためおすすめのプランをすぐに確認でき、水漏れや紛失などのトラブルにも安価で補償するメーカーです。

どこでもネットの公式サイトはこちら

WiFi東京レンタルショップ

WiFi東京レンタルショップは、東京にお住まいの方におすすめのポケットwifiレンタル会社です。特徴は東京新宿店に限り店頭で機器を手渡ししていることであり、手続きや発送を待たずに思い立った瞬間からポケットwifiを利用できるようになります。契約時には返却用のレターパックも提供され、返却予定日の翌朝8時までにポストに入れるだけで返却が完了する手ごろさも人気です。

WiFi東京レンタルショップの公式サイトはこちら

nozomi wifi(のぞみワイファイ)

nozomi wifi(のぞみワイファイ)は、新進気鋭のレンタル業者ですが、ソフトバンクの回線を使用しているため通信速度や安定性が高く信頼できます。契約期間の縛りなしで通信量完全無制限のプランも用意されるなど自由度が高く、最短1週間から契約が可能。月額500円でセキュリティ対策も万全に進められるので、安全性を第一に考えたいという方にもおすすめできるレンタル会社です。

nozomi wifi(のぞみワイファイ)の公式サイトはこちら

MOBILE GATE(モバイルゲート)

届いた瞬間からすぐに使える利便性を追求した会社であり、電源を入れてから約2分で設定が完了する簡単さが魅力で、初めてポケットwifiを使う方にもおすすめです。フル充電された状態で手元に届くので、そのままお出かけしても余裕です。契約は1日単位から受け付けており、返却せずにそのまま延長して利用できるので、自由度の高い会社を求める方にも向いています。

MOBILE GATE(モバイルゲート)の公式サイトはこちら

SAKURAWiFi(サクラワイファイ)

SAKURAWiFi(サクラワイファイ)は、データ容量の制限がないため、外出先で利用する方はもちろん、自宅内に固定して通信環境を確保したいという方にも適しています。初めて利用する方に向けては安心全額返金保証制度を提供しており、申し込みから30日以内であれば契約にかかった費用を全て返金するサービスを実施しているため、まずは1ヶ月利用してみたいという方におすすめできます。

SAKURAWiFiの公式サイトはこちら

STAR WIFI(スターワイファイ)

STAR WIFI(スターワイファイ)は、契約期間やデータ通信量に縛りがなく、解約金も一切かからないレンタル会社として注目されています。2台以上の同時契約を結ぶと、2台目以降の事務手数料が無料になるプランを提供しており、家族や友人と一緒に契約したいという方にとって大変お得です。難しい設定をせずにすぐ利用できる簡単設計で、利用料金がリーズナブルなこともおすすめのポイントです。

STAR WIFI(スターワイファイ)は公式サイトはこちら

J-WiFi(ジェーワイファイ)

J-WiFi(ジェーワイファイ)は、契約の際にかかる事務手数料や解約時の違約金が請求されず、評価の高い機器をレンタルしている会社です。契約後は宅配便によって配送されることになりますが、郵便局留めを指定することも可能で利便性は最高クラス。対応エリアも非常に広く、日本全国の大多数のエリア内で超高速インターネットを安定した接続環境で楽しむことのできるレンタル会社です。

J-WiFi(ジェーワイファイ)の公式サイトはこちら

fuji wifi(フジワイファイ)

fuji wifi(フジワイファイ)は、月額980円からという格安料金でサービスを提供している会社なので、とにかく費用を抑えて最低限のネット環境を確保したいという方に向いています。最大200GBまでの通信に対応するプランも準備し、様々な利用用途で活躍します。短期間で解約しても違約金がかからず、安心パックに加入しておけば万一の事故が発生した場合にも柔軟な対応に期待できます。

fuji wifi(フジワイファイ)の公式サイトはこちら

ポケットwifiレンタルのメリット・デメリット

メリット

持ち運びを前提として作られているので、在宅時のみならず外出先でも高速インターネット通信を楽しめることが最大のメリットです。光回線やADSLとは異なり、利用するための準備や工事が不要で、なおかつ安価で契約できることも魅力的であり、短期間で解約したとしても違約金を取らないレンタル会社が多く、軽い気持ちで契約できることもメリットと言えます。

デメリット

無線通信となるため、固定回線と比較すると回線速度に制限がかかりやすく、安定しにくいことがデメリットと言えます。最近では無制限プランを用意する会社も増えましたが、1ヶ月で10GBまでなどの通信量の制限が設けられる場合が多いこともデメリットと言えます。また、機器には充電が必要で、電池が切れてしまうと通信を続けることが出来なくなってしまいます。

ポケットwifiレンタルの回線は大きく分けて2つ

WIMAX系

現在のトレンドとして多くの業者で提供されているのがWiMAX系です。メリットとしては通信制限がかかった場合でもそれなりの高速通信を楽しめることで、データ使用量が多い方に向いています。その反面、通信エリアが広いとは言えず、室内や地下、高層階、あるいは山間部など地方の地域では通信が一切出来なくなってしまう可能性を持っています。

LTE系

LTE系はドコモやau、ソフトバンクなどキャリアの回線としても用いられているお馴染みの系統です。こちらのメリットとデメリットはWiMAX系と正反対で、通信可能エリアが幅広く日本全国の様々な地域で安定したインターネット通信を楽しめますが、通信制限がかかった場合には通信速度が急激に低下し、簡単なネットサーフィンすら困難になってしまいます。

タイプ別!おすすめのポケットwifiレンタルの選び方

無制限で使いたいならソフトバンクやWiMAX系

データ量を気にせず、無制限で大容量通信を連日行いたいという方にはソフトバンクやWiMAX系をおすすめします。通信制限が設けられない、あるいは大容量プランを選択できるレンタル会社を選択すれば、通信量を気にせずに動画や音楽の視聴を楽しめます。外出先でも大容量コンテンツを利用する機会が多いという方は、迷わずにソフトバンクやWiMAX系を選びましょう。

屋内でポケットwifiを使う方はLTE

自宅や職場など、特定の屋内でポケットwifiを使う機会が多いという方には、LTE系で契約を結ぶことがおすすめです。LTEの長所は通信の強さであり、WiMAX系では届かない範囲でも電波が入りやすく、いつどこにいても安定したインターネット通信を楽しめます。普段は自宅にいることが多く、たまに外出するという方にもLTE系をおすすめします。

地方、田舎で利用する方はドコモ系

地方や田舎ではスマホ普及率が低く、通信業者もあまり参入していないためポケットwifiの通信が困難になるという問題点がありますが、ドコモ系は地方や田舎にも通信網を広げているため比較的繋がりやすいというメリットを得られます。地方にお住まいの方や、今後の引っ越しや出張先で都会と同じような通信を維持したいという方にはドコモ系がおすすめです。

まとめ

ポケットwifiのレンタル業者には様々な特徴があります。通信速度を追求した会社や、使いやすさを重視した会社、通信量の制限を設けていない会社などがあり、自分自身のニーズを満たす特徴を持った会社を選ぶことが何よりも重要です。また、使用環境によってWiMAX系とLTE系を使い分けることにより、更に安定したインターネット通信を楽しめるようにもなります。