ポケットwifiサービスを提供している有力な業者はどこでしょうか。それぞれの業者の強みを簡潔にまとめ、業者選びの際の参考になるように整理してみました。また、利用用途別のおすすめ端末の特徴や、ポケットwifiに関連する気になる疑問にも回答していきます。これから長く使うポケットwifiを決めるという方はぜひ注目し、望んだサービスを提供する業者を見つけてみて下さい。

ポケットwifiおすすめランキング

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、2年契約、あるいは3年契約を結ぶことにより、初期費用や月額料金の大幅な割引を受けられます。何らかのトラブルが発生した際のカスタマーサポートの良さにも定評があり、優先的な対応を受けられるオプションが用意されていることもポイントの一つです。パソコンやタブレットを頭金0円で購入できるセットもあり、長期間に渡って安くwifiを利用したいという方には特におすすめです。

Broad WiMAXの公式サイトはこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは大手業者の一つGMOが提供しているポケットwifiサービスです。特に高く評価されているのは回線速度の速さであり、混雑しがちな時間帯でもサクサクと高速通信を楽しめると評判です。キャッシュバック等のキャンペーンを頻繁に行っている会社でもあり、タイミング次第でよりお得に契約できる可能性もあります。住所を打ち込むことで、通信しやすいエリアか否かをすぐに判定できる点も魅力的です。

GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

So-net

契約から1年10ヶ月目以降には機種変更にかかる手数料や料金が0円になり、常に最新機種を利用して最先端の高速通信を楽しめる会社です。利用を開始した月に限り料金が0円になるため、初期費用を用意せずに余裕を持って利用できることもポイントと言えます。月額料金はリーズナブルな設定ですが、加入を強制されるオプションは一切なく、安心して利用できる会社を探している方にもおすすめです。

So-net WIMAXの公式サイトはこちら

Yahoo!WiFi

Yahoo!WiFiは、4Gに対応し、どこでも高速通信を楽しむことが出来ます。ご存知Yahoo!が提供しているサービスであるため、Yahoo!プレミアム会員向けに月額料金の割引が適用されたり、買い物の際のポイント5倍、ヤフオクへの出品が可能など多数の優遇措置があり、頻繁にYahoo!を利用する方にとっては見逃せません。機種の使いやすさも高評価で、翌日到着・1分起動を売りにしています。

Yahoo!WiFiの公式サイトはこちら

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、WiMAX回線の供給源となっている会社であり、サポート体制が良く、様々な問い合わせに対して柔軟な対応を見せているため、初心者の方におすすめできる会社です。クレジットカードのほか口座振替も可能なため、カード情報を提供したくないという方も安心して利用できます。auユーザーに向けた割引も導入しているため、auユーザーは特に注目すべき会社となっています。

UQ WiMAXの公式サイトはこちら

ポケットwifiでおすすめの端末機種

持ち運ぶなら「W05」

上り速度・下り速度の双方でトップクラスの回線速度を誇り、光回線同然のスピードでどこでもインターネット通信を楽しめる端末です。W05は一般的な機器と比較して小さめのサイズに仕上げられているため、持ち運びやすさも抜群。さらに連続待受時間が850分、バッテリーセーブモードでは10時間30分の連続通信が可能なほどバッテリーが強く、屋外への持ち運びが多い方にぴったりの端末です。

Speed Wi-Fi NEXT W05のスペックと口コミレビュー

自宅でしか使わないなら「HOME L01/L01s」

HOME L01/L01sはシンプルでスタイリッシュなデザインを誇り、インテリアとして設置しても違和感の無い仕上がりになっています。コンセントに繋ぐだけで通信可能な状態になるため取り扱いが簡単で、下り最大440Mbpsという高速通信に対応し、動画の視聴もサクサク進みます。合計42台の機器に同時接続可能な据え置き型なので、自宅で様々な機器に接続して使いたいという方におすすめです。

ポケットwifiの気になる疑問

ポケットwifiは無制限で使えるの?

無制限で使えるか否かは契約する会社や契約内容の条件によって異なります。WiMAXとY!mobileは基本的に通信量無制限で利用できるので、大容量通信を連日楽しみたいという方はこちらを契約しましょう。ただし、3日間合計10GBまでという制限が設けられており、それを超過すると18時~翌2時までに限って通信制限が発生し、通信速度が低下することを覚えておきましょう。

通信速度ってプロバイダによって変わるの?

ポケットwifiの通信速度はプロバイダによって変化します。今回ご紹介したプロバイダは下り最大708Mbpsという現段階で最速の通信速度を提供する会社ですが、その他の会社では同じWiMAXでも440Mbpsが最大通信速度となるケースが目出ちます。また、同じ会社でも契約内容によって通信速度が変化し、例えばYahoo!wifiはアドバンスオプションを利用すると下り最大612Mbpsですが、通常プランでは112.5Mbpsまで速度が低下します。

料金は業者ごとに全然違うの?

ポケットwifiの月額料金は業者によって大きく異なります。2000円台後半から3000円台前半のレンジが平均的な月額料金ですが、通信量の制限が無く、高速通信が出来る業者ほど月額料金が高額になる傾向にあります。業者によって初期費用が異なる場合があるほか、2年・3年契約を結ぶ場合には違約金も業者によって違うので、月額料金以外にも様々な条件を総合的に判断して契約を結びましょう。

まとめ

ポケットwifiを提供する業者は多数存在しており、中には通信量無制限で高速通信を可能にする業者もあります。業者によって通信速度や月額料金、解約時の違約金が全く異なりますから、業者を選ぶ際には料金の安さを重視するのか、通信の質を重視するのか、それともサポートの良さを重視するのかを予め決めておき、総合的な条件を見比べて契約する業者を決めることをおすすめします。